ポイントサービス規定

「かいぎんポイントサービス」(当行所定の基準により各種取引の有無をポイント化し、その合計ポイントに応じて、金利、手数料優遇等の特典が受けられるサービス。以下「本サービス」といいます。)は次の要領で取扱いします。

1. 対象

対象は、個人・個人事業者の方に限ります。ただし、非居住者、任意団体は除きます。

2. サービス開始

本サービスは、お客様のお申込みに基づいて開始いたします。
個人単位のお申込みで、お申込者の当行全店でのお取引に応じて、お申込者ご本人のみが特典を受けられます。当行にてご本人の取引確認は、①お名前、②生年月日、以上2項目の届出が同一の場合です。

3. ポイント

(1)
ポイント集計の対象となる各取引のポイントは次の通りとし、当行所定の基準でカウントします。
ポイント内容はこちらをご覧ください。
(2)
お取引項目の内容が次の通りとします。
給与振込・賞与振込
「給与振込」、「賞与振込」として発信された振込を、当行の各営業店の預金口座で受け取られていること。
当行で給与(賞与)振込と認識できない場合は対象になりません(お勤め先から一般の振込として発信された振込入金等が対象外となります)。
年金自動受取
公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金等)を当行の各営業店の預金口座で受け取られていること(企業年金を受け取りの方、または年金担保を利用している方は対象外となります)。
株式配当金受取
「株式配当金」を当行の各営業店の預金口座で受け取られていること(「株式配当金」の振込みが複数ある場合でも二重カウントは致しません)。
公共料金
電気・電話・ガス・水道・NHK・新聞購読料
電話料金は、国内電話・国際電話のどちらも対象とします。
また、自動車電話、携帯電話、 PHS、ポケットベル等も対象となりますが、カウントが1項目のみをカウントし、各項目二重カウントはしません。公共料金を収納代行業者やカード会社などを経由して支払っている場合は、ポイントの対象外となります。
国民年金保険料または国民年金基金の自動支払い
委託先より引落とし依頼が無い場合が無効です。
その他自動支払い
国民健康保険、税金、校納金、全労済
委託先より引落し依頼が無い場合が無効です。
家賃の自動支払い
委託先より引落し依頼が無い場合が無効です。
定期性預金残高
定期性預金残高は、外貨預金、財形預金を除くすべての定期預金を対象とし、ポイントの基準月の平均残高で算定します。
財形預金
一般財形預金、財形年金預金、財形住宅預金の残高があること。
積立定期預金
ポイント基準日に積立定期預金の残高があること。
積立投信
積立投資の引落しがあること。
子育て応援預金
ポイント基準日に子育て応援預金(「チェンジ定期(旧すこやか定期)」または「夢」)の残高があること。
住宅ローン
住宅ローンの借入残高があること。
沖縄振興開発金融公庫からの借り入れ
当行を通じて沖縄振興開発金融公庫から融資を受け、返済用口座を当行に指定していること。
その他個人向けローン(消費者ローン・カードローン)
住宅ローン以外の当行が定める個人向けローンが対象となります。ポイント基準日時点で残高のないカードローンは対象外となります。
VISAカード
年間費や利用料金の引き落としがあること。
インターネットバンキング
インターネットバンキングを契約していること。
同一の取引項目内に複数のお取引がある場合でも、取引ポイントの二重カウントはしない項目もあります。
複数店での取引もポイントとして加算します。
当行の都合により、事前の通知なく取引ポイントを変更することがあります。

4. ポイント基準日と特典の提供期間

ポイント基準日を毎月の月末時点とし、お取引のポイント数を翌々月の1日から末日までとする。
ポイント算出基準日 特典が受けられる期間
毎月末 算出基準日の翌々月初めから月末まで
 例)
5月末基準→7月初めより月末までポイント反映
6月末基準→8月初めより月末までポイント反映

5. 特典コースとその条件

特典コースは「コース50」、「コース100」、「コース200」の3段階とする。
 ①
「コース50」の条件は、ポイントが50点以上あること。
 ②
「コース100」の条件は、ポイントが100点以上あること。
 ③
「コース200」の条件は、ポイントが200点以上あること。

6. 特典

(1)
特典の提供は、当行の全営業店で受けられることとします。
(2)
各コースの特典の内容やお客様が特典を受けるために必要なポイント数等の条件及び提供期間・方法については、当行各営業店の店頭等にてお知らせいたします。
(3)
当行の都合により、事前の通知なく特典の内容を変更することがあります。

7. 優遇対象の確認

(1)
下記の特典はお申し出があった場合に行います。
各種個人ローンの金利引下げ
キャッシュカード(IC・磁気)・通帳・証書の再発行手数料の免除
残高証明発行手数料の免除
(2)
ATM時間外手数料の免除は、当行のATMおよび他行との共同ATM(MMK)を利用する場合に限ります。
他行のATM、他行との共同CDは免除対象外となり、手数料をいただきます。
(3)
ATM振込手数料の免除は、当行のATMおよび他行との共同ATM(MMK)を利用し、キャッシュカード・通帳・振込専用通帳を使用して当行本支店へ振込を行った場合に限ります。
従って、現金での振込、他行への振込については免除対象外となり、手数料をいただきます。

8. ポイントの確認

キャッシュカードによる出金・入金・残高照会の際に、レシートにポイントを表示いたします。
ポイントの対象となったお取引に関するお問い合わせは、ご本人以外にはお答えできません。

9. サービスの変更・停止

(1)
金融情勢の変化等により本サービスを事前の通知なく変更・停止することがあります。
(2)
変更・中止の場合には、当行各営業店の店頭やHP等においてお知らせし、個別の通知は行いません。

10. サービスの終了

全てのCMFが削除されると次回ポイント基準日において、ポイントサービスの対象外となります。
令和元年5月現在