セキュリティ

かいぎんiネット

第三者の不正利用の防止対策

● 3種類のID及びパスワードによる対応

お客さま以外の第三者の利用を防ぐため、「かいぎんiネット」では、3種類のID及びパスワードを確認しています。
1 ログインID 「かいぎんiネット」にログインするために必要なIDです。
※ 携帯端末では必要ありません。
2 ログインパスワード 「かいぎんiネット」にログインするために必要なパスワードです。
3 確認用パスワード 振込、振替等のお客さまからのご依頼には、確認用のパスワードが必要です。

● お取引の手順

お取引の手順

● パスワード変更等

誤ったパスワードが、一定回数以上当行に届いた場合、お取引を一定時間停止させていただきます。 また、その際には、お届けの電子メールアドレスあてに電子メールを送信しますので、お心当たりのない場合は、当行にご連絡ください。

● 自動ログオフ機能による対応

お客さま以外の第三者の利用を防ぐため、「かいぎんiネット」では、一定時間操作がない場合、自動的にログオフします。
※ 一定時間後に自動的にログオフしますが、パソコンを離れられる際は、必ずログアウトをしてください。

● 電子メールによる取引確認

「かいぎんiネット」では、お取引の確認の電子メールをお届けのアドレスに送信しています。取引内容に心当たりのない場合は、まず、ログイン後の画面でパスワードを変更していただき、すぐに、当行までご連絡ください。
「かいぎんiネット」では、前回ログイン時間をトップ画面に表示しています。ご利用時間に心当たりのない場合は、まず、パスワードを変更していただき、すぐに、当行までご連絡ください。

● 取引の上限額の設定

「かいぎんiネット」では、各口座ごとに1日あたりの振込限度額を設定していただいております。 振込限度額は、インターネットで変更できますが、その場合、変更後の限度額は3日後より有効になりますので、振込額変更について、心当たりのない電子メールが届いた場合には、まず、ログイン後の画面でパスワードを変更していただき、当行にご連絡ください。

● ワンタイムパスワード機能

パソコンで「かいぎんiネット」にログインいただく際、その都度携帯電話のアプリから取得したパスワードをご利用いただく機能です。(そのため、携帯電話の利用が必須となります。)
ワンタイムパスワードとは

パスワードは約1分ごとに変化し、第三者が取得しても1分後にはそのパスワードは無効となるため、セキュリティレベルが非常に高いとされております。お客様が「かいぎんiネット」の画面上で、利用するかしないか選択することができます。(書面等でのお申込みは不要です。)
ワンタイムパスワードのご利用開始の設定を行うと、パソコンのログイン時にワンタイムパスワードが必要となります。スマートフォンで「かいぎんiネット」をご利用いただく場合、「ワンタイムパスワード」の利用が必須となります。

インターネット上での情報漏洩、盗聴対策

インターネットでの情報の漏洩、盗聴、データの偽造・改ざんを防ぐため、「かいぎんiネット」では、お客さまの情報の送受信に128ビットSSL(Secure Socket Layer)による暗号化を実施しています。

フィッシング詐欺等への対策

● 「EV SSLサーバー証明書」の導入について

平成20年4月7日(月)より、「かいぎんiネット」をより安全にご利用いただくために、フィッシング詐欺等への対策としてシマンテック・ウェブサイトセキュリティのEV SSLサーバー証明書 を導入し、セキュリティの強化を図っています。
EV(Extended Validation)SSLサーバー証明書とは

「かいぎんiネット」のウェブサイトの証明書のことで、ログインすると、アドレスバーの色が緑色に変わり、その横にSSL暗号化通信を表す 「鍵マーク」と共に、「ウェブサイトの運営組織名」(NTT DATA CORPORATION [JP])と「証明書を発行した認証局名」(VeriSignによって識別)が交互に表示されます。このEV SSLサーバー証明書によりアクセスしているサイトが、沖縄海邦銀行の真正なサイトであることを確認できます。

当行のインターネットバンキングは株式会社NTTデータのURLを利用していることから、ウェブサイトの運営組織名には株式会社NTTデータの名称が表示されます。
インターネットバンキング以外のページにつきましては、EV SSLサーバー証明書の対象外となりますので、アドレスバーは白色で表示されます。

● EV SSLサーバー証明書の表示(Internet Explorer 11)

EV SSL サーバー証明書の表示
アドレスバーが赤色になった場合は、沖縄海邦銀行を装った不正サイト(フィッシングサイト)ですので、絶対にログインしないでください。
Internet Explorer 7 以上を使用しているにもかかわらず、アドレスバーが緑色に変化しない場合は、 シマンテック・ウェブサイトセキュリティ ホームページをご参照ください。