終身保険

沖縄をみどりの島に緑と花で心に安らぎを
終身保険は「円建て」「外貨建て」タイプがあります。
保険料の払込方法は「一時払」「平準払(月払・年払等)」があります。

終身保険の特徴

特徴1「のこす」:のこしたい人にのこします

一生涯にわたって、死亡保障が継続します。万一、被保険者の方がお亡くなりになった場合、死亡保険金受取人として指定された方に死亡保険金が支払われます。また契約形態によっては相続において「500万円 × 法定相続人の数」が非課税金額になります。

1_3_4_01

生命保険は死亡保険金受取人を指定できますので、被相続人の金融資産に宛名をつけることができます。将来受取る金額を決めておくことができます。

1_3_4_02

生命保険金の非課税枠(相続税法第12条)
非課税枠 = 500万円 × 法定相続人の数

特徴2「そなえる」:スムーズに現金を受け取れます

相続が発生すると、ご預金などは原則、相続人の方々の合意が得られるまで、払戻しや名義変更手続きができず、すぐに必要な資金として使えない場合があります。生命保険の場合、一般的に死亡保険金の請求から支払いまでの期間は一週間程度ですので、万一の場合の葬儀費用や相続税などの支払いにそなえることができます。
生命保険なら、原則遺産分割協議(遺産分割にかかる相続人同士の話し合い)の対象外となり、死亡保険金は受取人からの請求手続きにより1週間程度でお支払します。そのため葬儀代などの急な出費に充てることができます。

1_3_4_03

終身保険のしくみ

万一の保障が一生涯続く保険です。

1_3_4_04 1_3_4_05
ご注意事項

外貨建ての場合

為替変動によるリスクがあり、外国為替相場の動向によっては、円換算後の年金原資や死亡給付金額などが一時払保険料を下回ることがあります。

ここでご紹介している内容は、個人年金保険の一般的な商品性やイメージを記載したものであり、商品種類により、商品内容の細部は異なります。各商品ごとの内容については、各商品のパンフレット、契約締結前交付書面(契約概要/注意喚起情報)、ご契約のしおり、定款、約款および特別勘定のしおり(変額年金保険のみ)などをご覧ください。

終身保険の商品一覧

商品名をクリックすると保険会社のウェブサイトにリンクし、詳しい説明をご覧になれます。 なお、商品によってはお客さまにご負担いただく費用やリスク等がかかる場合がありますので、必ずご確認ください。

生命保険についての留意事項です。保険種類をお選びいただく前にご覧下さい。