中期経営計画

第15次中期経営計画(平成29年4月~32年3月)

~革新(INNOVATION)~

このたび弊行では、金融機関を取り巻く環境の変化や次期勘定系システムへの移行の決定を踏まえ、「第14次中期経営計画~New Stage!~地域とともに未来に向けて」(計画期間:平成27年4月~平成30年3月)を1年前倒しで終了し、「第15次中期経営計画~革新(INNOVATION)~」(計画期間:平成29年4月~平成32年3月)を策定しました。

第15次中期経営計画では、キャッチフレーズを「~革新(INNOVATION)~」とし、これまで以上にお客さま支援に重点を置いたビジネスモデルへの変革により、「お客さまの成長・発展」と「当行の安定した経営基盤の確立」という『共通価値の創造』に向けて取り組みます。
基本方針として、
Ⅰ.お客さまのニーズに応えた良質な金融サービスの提供
Ⅱ.安定した経営基盤の確立
Ⅲ.人と組織の強化
の3点を掲げており、弊行のお取引先の中心である、中小企業・小規模事業者への金融仲介機能の発揮による経営支援とお客さまの利便性向上に重点的に取り組みます。
そのため、本部組織の改革として企業支援部を増強し、お客さま支援の態勢を整備するほか、今夏には、八重瀬町と読谷村に新たに2店舗を出店します。読谷村の店舗については、大型商業施設に併設し、休日も利用可能な相談コーナーを設け、お客さまの利便性向上を図ります。

これからも沖縄海邦銀行は、地域に根ざしたより良い金融サービスを提供し、「お客さまのお役にたてる一番身近な銀行」を目指し、地域の発展に寄与して参ります。

第14次中期経営計画(平成27年4月~30年3月)

~New Stage!~ 地域とともに未来に向けて

平成27年4月から平成30年3月までの第14次中期経営計画「~New Stage!~地域とともに未来に向けて」を策定いたしました。金融機関を取り巻く環境は厳しさを増しており、将来にわたって健全性を確保していくため、当行は特色ある取組み(ビジネスモデルの確立)や、ボリュームの拡大によって存在感を高めて行く必要があります。 平成27年度、当行は新本店の竣工、新たなステージをむかえます。これまで長年培ってきた地域密着の金融サービスをさらに進化し、お客さまと共に将来に向けて飛躍する大きなチャンスとなります。 本中計の基本方針は、お客さま目線を持って経営理念を再認識することです。 これまで以上に「金融サービス」「経営力」「人と組織」の強化を図り、地域金融機関として沖縄県の発展に寄与し、お客さま一人一人から最も信頼される銀行となることを目指して行きます。

第13次中期経営計画(平成25年4月~27年3月)

「原点回帰」

平成25年4月から平成27年3月の2年間を計画期間とした「第13次中期経営計画」です。「第13次中期経営計画」では、安定収益の確保に向けて役職員全員が当行の経営理念を再認識し原点に立ち返り、「お客様目線」「お客様ニーズ」をより大切にした取り組みを図りました。